原因を探る大切さ

仕事がつらいと感じた時は、その原因が何かを探る必要があります。毎日大変な思いをして働いているからこそ、誰にでも精神的に苦しくなる機会はあります。その時に原因を把握しないと、即座に辞職するなど不用意な決断に繋がってしまいます。精神的に厳しいと感じても、辞職や転職をするのは最終手段という捉え方が必要です。

自分の能力が他の社員とかけ離れていて、目の前の作業をこなすのに精一杯になっている場合は、どうしても焦ってしまいます。自分だけが取り残されているような感覚にはなりますが、人によって経験や能力は異なるので必要以上に焦ることはありません。マイペース過ぎるのも問題ですが、皆から取り残されているからといって転職しても、転職先でまた同じような状況になるかもしれません。一日一日を大切に過ごし、少しでも他の社員に追いつけるように努力すれば問題ありませんし、頑張っている姿は上司などがよく見ているものです。

人間関係が原因でつらいと感じている場合も同様で、即座に逃げ出したところで転職先の人間関係が良いとは限りません。何が原因でギクシャクしているのか探り、改善する努力をしないといつまで経っても同じことの繰り返しです。侮辱や暴力によってつらいと感じている場合は、コンプライアンスに関わる大きな問題です。例え上司であっても、大勢の前で侮辱されたり暴力を受けるなどすれば法に触れます。違法行為に対しては毅然とした対応を取り、不都合な現実をうやむやにしないことが大切です。

このように、仕事がつらいからと言ってすぐに辞職や転職を決断するのは早計です。原因が分かっていなければ、新しい職場でまた同じ状況になることだってあるのです。原因を探ることで、仕事がつらいと感じる状況から抜け出すヒントを見つけることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です